ご利用規約

ドメイン名登録代行サービスご利用規約

株式会社マークアイ(以下「弊社」という)が提供するドメイン名登録代行サービス(以下「本サービス」という)は以下の利用規約(以下「本規約」という)を定めており、本サービスの申込みは本規約内容をご承諾いただいていることを前提とします。

(総則)
第1条

  1. 1. 本規約は、弊社の提供する本サービスの利用に関し、弊社と利用者間の一切の関係に適用されます。
  2. 2. 利用者とは、本規約に同意の上、弊社に対して本サービス申込みの全手続き及び利用料金の支払いを完了した法人又は個人をいいます。
  3. 3. 利用者は利用料金の支払等、本規約に定める一切の義務を誠実に履行するものとします。
  4. 4. 弊社は、単独の裁量的判断に基づき、利用者の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、業務上の手続、サービス手数料、延滞金及び料金の一切を修正或るいは改訂できるものとします。また、本サービス及びそれに関わる全ての要素の全体又は一部を中止、改訂できるものとし、利用者は料金その他の条件について変更後の利用規約に従うものとします。但し、既に申込み及び入金(決済の承認)が終了している契約に関しては、価格改訂による追加料金の徴収などは行いません。
  5. 5. 本規約改訂後も、本規約は弊社と利用者間の一切の関係に適用される変更について、弊社が必要と判断した場合に限り、ホームページ及び電子メール等で利用者に告知するものとします。

(サービスの内容)
第2条

  1. 1. 本サービスの内容は、弊社が提供するドメイン名登録代行、更新代行、管理サービスです。
  2. 2. ドメイン名とはインターネット上で割り当てられる組織を示す論理名称を指します。
  3. 3. 弊社はJPRS(株式会社日本レジストリサービス)の指定事業者であり、また各国NIC(ネットワーク管理組織)またはドメイン名管理を行う事業者と利用者間の各種申請処理の代行を行います。

(利用申込)
第3条

  1. 1. 利用申込は、弊社が定める手続きに従って行うものとします。
  2. 2. 利用者はドメイン名の申請及び本サービスの利用に関して、弊社及びドメイン名管理を行う事業者が要求する全ての書類を、弊社の指示する方法に従って提出しなければなりません。
  3. 3. 利用者はドメイン名の申請に際して、弊社及びドメイン名管理を行う事業者の登録規約に従ったドメイン名を申請することおよび申請ドメイン名に関して第三者との争いが生じた場合に、ドメイン名管理を行う事業者の定めるドメイン名紛争処理方針に従って扱われることに同意します。
  4. 4. 本サービスの利用規約は、本規約に同意のうえ申し込みをした時点に成立したものとします。
  5. 5. 本サービスにより申請されたドメイン名は、ドメイン名管理を行う事業者の登録規約等によって登録が決定されるものであり、当該ドメイン名が登録できなかった場合、弊社は一切責任を負わないものとします。更に登録ドメイン名が次項のいずれか、或いは何らかの理由によってドメイン名管理を行う事業者によって取り消された場合も弊社は責任を負わないものとします。
  6. 6. 弊社は次のいずれかの場合には、サービス利用の申込を承諾しないことがあります。また、弊社が申込を承諾しない場合、弊社はその旨を申込者に通知します。
    1. (1) 利用申込者が実在しない場合
    2. (2) 利用申込の際の申告事項に虚偽の記載、誤記又は記入漏れがあった場合
    3. (3) 利用申込が明らかに不正の目的であると判断される場合
    4. (4) 利用申込をした後、長期に渡り利用料金の支払いが無い場合
    5. (5) 利用申込者が未成年者、被保佐人、成年被後見人のいずれかであり、利用申込の際に法定代理人又は保佐人の同意等を得ていなかった場合
    6. (6) 弊社の業務の遂行上又は技術上支障がある場合
  7. 7. 弊社は、利用者から弊社に対する利用申込に関する全ての手続きの終了及び利用料金の支払いが確認された時点で、ドメイン名管理を行う事業者に対するドメイン名登録及び更新の申請を行うことを原則としますが、弊社が特別に認める利用者に関してはこの限りではありません。

(利用料金)
第4条

  1. 1. 第2条で定める本サービス内容の利用料金・算定方法は別に定めます。
  2. 2. 利用者は利用料金その他の債務を、弊社が承認した次の方法で履行するものとします。
    1. (1) 弊社指定銀行口座への振込み処理
    2. (2) その他弊社が特別に認める支払い方法
  3. 3. 利用料金その他の債務の支払いに関して利用者と金融機関等の間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、弊社には一切の責任が無いものとします。いかなる場合も、当事者双方の紛争を理由に弊社への支払が滞ってはなりません。
  4. 4. 利用者が料金その他の債務について支払期日を経過してもなお支払わない場合、当該利用者は弊社が別途定める額を延滞損害金として弊社が指定する期日までに支払うこととする。
  5. 5. 前項による延長期日までに支払いがない場合には、当該ドメイン名が、登録無効あるいは登録取消しなどの処遇を受けても弊社は一切責任を負いません。また、これを理由として損害賠償請求等の争いを起こしてはなりません。

(登録)
第5条

  1. 1. ドメイン名登録期間は、弊社およびドメイン名管理を行う事業者によって利用者に認められた期間であり、更新を望む場合、利用者は弊社の指定した更新回答終了日までに別途弊社が定めるところの登録更新手続きを行うあるいは弊社の指定した更新回答終了日までに更新手続き依頼を提出するものとします。当該期間内に所定の登録更新手続きあるいは更新手続き依頼がなされない限り、弊社は登録を更新しません。弊社は、当該手続を行わずに抹消されたドメイン名に関する責任や損害は一切負わないものとします。
  2. 2. 登録の更新を行わない場合、弊社と利用者間の契約関係は終了したものとします。
  3. 3. 弊社はドメイン名の登録・更新手続代行を行いますが、当該ドメイン名を使用して利用者が行う事業活動、宣伝広告その他の行為については一切責任を負わないものとします。
  4. 4. 利用者は、第三者に対して所有するドメイン名の使用を許可した場合でも、当該利用者が当該ドメイン名の所有者である以上、本規約等に基づく一切の義務を直接当該利用者が負担することに同意します。

(解除)
第6条

  1. 1. 利用規約を解除する場合、利用者は弊社に対し解除日の30日前までに弊社が別途定める方法により解除する旨通知するものとします。この場合において、通知があった日から指定解除日までの期間が30日未満である場合、解除の効力は当該通知日から30日後に生じるものとします。
  2. 2. 利用規約の解除とは、当該ドメイン名のレジストラの変更、管理者変更、アカウント変更、ドメイン名の抹消などが該当しますが、前項の別途定める方法で詳細を取り決めるものとします。
  3. 3. 利用規約の解除の場合、当該時点において発生している利用料金その他の債務(違約金を含む)の履行は第4条第2項に基づいてなされるものとします。なお、第4条第2項に定めのない事項については、利用者は当社の請求に従うものとします。
  4. 4. 利用者の責任及び利用者に対する制限の全てに関する各条項は、利用規約の終了後も継続して完全な効力を維持するものとし、利用者は契約存続中・終了後を問わず本規約違反、制限違反により被った弊社の一切の損害を賠償するものとします。

(禁止事項)
第7条

  1. 1. 利用期間中、利用者が第3条第6項のいずれかに該当することが判明した場合、弊社は当該利用規約を一方的に解除できます。
  2. 2. 更に利用者が下記のいずれかに該当する場合も、弊社は当該利用規約を一方的に解除できます。
    1. (1) 法令または本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. (2) 利用料金の支払延滞または支払拒否
    3. (3) その他弊社が不適当と判断した場合
  3. 3. 前二項の場合においては、弊社が既に受領した利用料金その他の返還は一切行わないものとします。利用者は、当該事由の発生により弊社が被った一切の損害賠償の責を負うものとします。
  4. 4. 前第1項および第2項の場合において、解除の内容について弊社より通知しますが、解除内容について異議がある場合には協議できるものとします。

(反社会的勢力排除)
第8条

  1. 1. 「反社会的勢力」とは、以下の者を意味します。
    1. (1) 暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、その他これらに準ずる者
    2. (2) 自ら又は第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動をし又は暴力を用いる行為、虚偽の風説を流布し若しくは偽計を用いて相手方の信用を毀損し又はその業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行う者
  2. 2. 利用者は、弊社に対し、以下の者ではなかったこと及び将来にわたっても該当しないことを表明し保証します。
    1. (1) 反社会的勢力
    2. (2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる者
    3. (3) 不当に反社会的勢力を利用していると認められる者
    4. (4) 反社会的勢力に対する資金提供又はこれに準ずる行為を通じて、反社会的勢力の維持、運営に協力又は関与する者
    5. (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有する者
  3. 3. 弊社は、利用者が前項の表明及び保証に違反した場合、利用者に対する何ら催告を必要とすることなく、利用規約を解除し、これにより生じた損害の賠償を請求することができ、かつ利用者は自身が負うあらゆる義務につき期限の利益を失い、直ちに支払うものとします。

(システムの運用管理)
第9条

  1. 1. 弊社はシステム設備の保守又は工事や、回線・機器の障害等、止むを得ない事由でサービスを停止する場合があります。これらの通知は省略できるものとします。
  2. 2. 弊社はまた以下いずれかの事由が生じた場合には、事前に通知することなく、一時的にサービスを中断できます。
    1. (1) 火災、停電等によりサービスの提供ができなくなった場合
    2. (2) 地震、噴火、洪水、津波などの天災によりサービスの提供ができなくなった場合
    3. (3) 戦乱、動乱、暴動、労働争議等、社会動静によりサービスの提供ができなくなった場合
    4. (4) その他、運用上・技術上弊社がサービスの一時的な中断が必要と判断した場合

(免責)
第10条

  1. 1. 弊社は本サービスの利用、又は第9条の事由による本サービスの中断で発生した利用者の損害については、間接非間接を問わず一切賠償の責を負わないものとします。
  2. 2. 利用者が本サービスを利用することにより他人に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の責任により解決し、弊社には一切の損害を与えないものとします。
  3. 3. 利用者側のシステムの障害などで、利用者の情報が第三者に漏洩し損害が発生した場合には、弊社は一切責任を負いません。
  4. 4. 本サービスを利用して登録申請したドメイン名が、希望のドメイン名として登録できなかった場合でも、弊社は一切責任を負いません。
  5. 5. JPRS、各国NICまたはドメイン名管理を行う事業者のサービス中断による本サービスの中断については、弊社は一切責任を負いません。
  6. 6. 弊社の責めに帰すべき理由により本サービスの提供ができなかったときは、弊社がそのサービスを提供できなかったことを知ったときから起算して、24時間以上その状態が連続したときに限り、利用者からの請求に基づき当該サービス利用料の支払済み金額を限度として損害を賠償します。

(変更の届出)
第11条

  1. 1. 利用者は弊社への申込事項に変更が生じた場合、速やかに通知を行うものとします。
  2. 2. 利用者からの変更通知がないために、弊社からの通知または送付書類その他のものが遅着し、または到着しなかった場合、或るいは利用者が不利益を被った場合には弊社はその責任を負わないものとします。

(利用規約の改訂)
第12条

  1. 1. 本規約は、弊社の判断により利用者の承諾なく変更・改訂を行うことができるものとします。
  2. 2. 改訂後の本規約も、弊社と利用者間の一切の関係に適用されるものとします。

(準拠法及び裁判管轄)
第13条

  1. 1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  2. 2. 本規約に関する全ての起訴・紛争については、弊社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

(諸法令、諸規則の順守義務)
第14条

  1. 1. 利用者は国内外の諸法令、諸規則を遵守し、従うものとします。

以 上

第1版 2003年2月6日公開
第2版 2015年8月27日公開