ドメインネーム・トピックス

2010.01.28中国ドメイン「.cn」の登録規定変更について

2009年12月11日に中国のドメイン登録機関であるCNNIC(China Internet NetworkInformation Center)より、国別ドメインである「.cn」の登録規定の変更が発表され、2009年12月14日 午前9時から新規取得の方法が変更されました。 これにより、実質的に個人でのドメイン取得が停止されました。
また、既に登録されているドメインについてもCNNICによる調査が実施され、アダルトサイトでの利用や虚偽の情報による登録など、問題があるドメインは廃止されることになります。

次いで、2010年1月6日には、海外レジストラによる新規登録の停止が突如通知されました。

これらの相次ぐ変更は、不正なドメインの登録・使用の取締りを強化することが目的とされていますが、レジストラや利用者などの間では混乱が広がっています。

これまでは誰でも自由に取得できることで飛躍的に登録数を伸ばしてきた「.cn」ですが、取得要件が厳しくなったことで新規登録が大幅に減少しており、 今後は登録・更新費用の高騰などが予想されます。


登録要件の変更

今後、中国ドメイン名の取得申請時には、申請日から5日間(暦日)以内に、以下の書類をレジストラを通じて提出する必要があります。

  • 社印を押印した申請書(原本)
  • 会社登記簿謄本のコピー、および英語訳(要約)
  • 担当者の身分証明書のコピー(パスポートなど)

海外レジストラによる登録の一時停止

公認レジストラであっても中国国外の事業者については、新規登録を行うことができなくなりました。

弊社では中国国内レジストラを通して申請が可能であるため、引き続き新規登録のご依頼を受け付けます。


登録済ドメインの取り扱い

登録済みのドメイン名についても、CNNICによる調査に備えて登録情報の正確性を確認するために、中国国内レジストラから取得申請時と同様の書類提出を要求されるケースが増えております。
CNNICによるレジストラの処分も厳しくなっているため、これらの動きが広がる可能性は高く、利用者にとっては新たな費用発生となります。


一覧に戻る