ドメインネーム・トピックス

2013.10.17新gTLD:Donuts社による商標権者保護プログラム(DPML)について

新gTLDプログラムでは、商標権保護の一つとして、全レジストリにTMCHへの照会が義務付けられていましたが、それとは別に、各レジストリは独自の商標権保護プログラムを運営することができます。

今回、新gTLDを最多で申請したDonuts社から、独自の商標権者保護プログラム「Domains Protected Marks List(DPML)」の発表がありました。

  • Donuts社(アメリカ:ワシントン州)
    新gTLDの申請・運用のために設立された新興企業であり、307件の申請を行っていました。文字列競合や異議申立などの結果、申請数が減る可能性がありますが、約200件程度がDonuts社によって運営されると見込まれています。

    Donut社によって申請された文字列はブランド名ではなく一般名称であり、また、取得制限を設けずだれでも登録可能なドメインとして販売する予定です。
    主なものとして
    「.forsale」「.shop」「.store」
    「.corp」「.holdings」「.inc」
    「.credit」「.finance」「.legal」
    「.cloud」「.data」「.mail」「.network」「.systems」「.web」
    「.eco」「.global」「.now」「.world」
    「.beauty」「.book」「.cars」「.casino」「.health」「.home」「.hotel」「.medical」「.movie」「.music」「.sports」

このDPMLに登録された商標/文字列については、Donuts社が運営する全てのgTLDに対して、第三者による登録を防止することができます。

企業などのブランドを冠したドメインを除くと、一般名称のドメインは700〜800種類と言われ、今回のDPMLを利用することで、約25%の保護を行うことができます。

DPMLの登録をご希望の場合はお問い合わせフォームよりご連絡ください。


文字列 商標との完全一致、もしくは商標を含む文字列
  • 認められない文字列
    商標の一部分をミススペルした文字列、商標の間に別の文字を含む文字列
登録期間 5年、もしくは10年
登録条件
  • 前もって、TMCHに"優先登録(Sunrise)適用"のステータスで商標情報の登録を行っていること


  • DPMLへの登録費用は、1文字列毎に発生します。

  • DPMLに登録した文字列は保護のため、そのままでは使用できません。使用したい場合は、別途変更手続き(有料)が必要です。
  • 同一の文字列の商標をTMCHに登録している他社の権利者がいる場合、その権利者はDPMLを無視してドメインを登録することが可能です。

ICANNによる商標権者保護プログラム(TMCH)については、こちらをご覧ください

一覧に戻る