ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2018.05.19EU一般データ保護規則(GDPR)のWHOISへの影響について

2018年5月25日より、EU圏内の個人情報の保護規則であるGDPR(General Data Protection Regulation)の施行が予定されています。これを受け、各レジストリやレジストラでは、WHOIS上のドメインの登録者名、住所の一部、電話やメールアドレス等の情報を非公開とする動きが進んでいます。なお、保護対象はEU圏内の個人情報ですが、この情報のみを特定することが難しいため、一部のレジストリやレジストラは、EU圏か否かに関わらず全体的に該当の情報を非表示とする対応を取っています。メールアドレスが非公開となることで、移管に関わるトラブルが増えることが懸念されます。引き続き、情報が入りましたら、ご報告をしてまいります。