ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2018.06.28SSL導入の加速化が予想されます【SSL取得キャンペーンのお知らせ】

WEBブラウザシェアのトップであるGoogle Chromeは、7月のバージョンアップ以後、SSLサーバ証明書を導入していないサイトの全ページのアドレスバーに「保護されていません」という警告を表示する事を発表しました。

今までは、クレジット決済ページや個人情報・パスワードをやり取りするページにSSL証明書を導入する企業は多くありましたが、今回のバージョンアップに伴い、『常時SSL化』を行う企業が増えることが予想されます。また、Googleは常時SSL化されたサイトの検索順位を上げる優遇をしているため、是非この機会にご検討ください。

SSLサーバ証明書と常時SSL

SSLとはインターネット上での通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。この仕組みにサイトの身元証明機能を追加したものがSSLサーバ証明書となります。常時SSLとはこのSSLサーバ証明書をサイト内の全てのページに導入する事を意味します。

 

SSL導入状況の確認方法

SSLを導入しているサイトのURLは[http]の後にセキュア(Secure)を表す「s」がつき、[https]から始まります。

 

弊社では、SSLサーバ証明書を取得/更新サービスを提供しています。今回のGoogleの動きに合わせ、SSLサーバ証明書取得のキャンペーンを実施します。詳細は、弊社までお問い合わせください。