ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2019.04.08人気アニメサイトのドメイン乗っ取り

2019年4月5日にアニメ「ラブライブ!」の公式サイトに使用されているドメインが何者かに乗っ取られ、公式サイトに代わり乗っ取った本人のメッセージが表示されるという事案が発生しました。

各種ニュースサイトによるとドメインの乗っ取りは通常の移管手続きに従って行われたようです。JPドメインの場合、ドメイン登録者とは関係の無い第三者が移管申請を出す事も可能ですが、通常はドメイン管理者が移管を不承認とするためドメインが第三者の手に渡る事はありません。今回のケースでは担当者が誤って移管を承認してしまったか、もしくは移管申請が行われてから10日以内に不承認とされなかったため登録機関の規定に従って自動で移管が承認されたものと考えられています。(*1)

なお、登録者のメールアドレスをドメイン管理事業者に正しく登録していなかったり、更新を怠ったりすることで移管意思を確認するメールを受信できず、意図せず移管が自動で承認されてしまうケースもあるようですのでドメインの登録情報を見直される事をお勧めします。(*2)

.comなどいくつかのドメインでは上記トラブルが発生しないよう無償の移管ロックサービスが提供されています。JPドメインでは、有償ですが、移管を含むいくつかの申請を制限するレジストリロックサービスが用意されていますのでご希望の場合には弊社までお問い合わせください。

(*1) 移管の不承認期限について JPドメインの登録機関である日本レジストリサービス社の規定では、移管申請が受理されてから10日以内に不承認としなければ、自動的に移管が承認されるようになっています。本年のゴールデンウイークは10日間となり、規定通りですと初日に申請された移管が企業の休業期間中に自動承認されてしまうため、規定の悪用を懸念する登録機関は、初日の申請分のみ不承認期限を 申請後11日目に延長する事を発表しています。

(*2) 移管意思確認が取れない場合の弊社対応について 弊社では、登録者宛にメールが届かなかった場合、お電話等で移管の 意思確認を取ったうえで承認をしております。また、期限までに移管 意思が確認できない場合は一旦移管申請を不承認とする対応を取って おりますのでドメインが第三者に乗っ取られる事はございません。