ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2020.09.18【重要】競合他社からの売り込みについて(レジストリロック)

​お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

​昨今、お客様より、弊社の競合に当たるドメイン事業会社から、『レジストリロック』という仕組みに言
及し、このロックが掛かっていないことを理由として、お客様のドメインがセキュリティリスクに晒され
てるとの指摘を受けたと、ご懸念の声を寄せられることが多くございます。

ご連絡頂いたお客様には都度、この指摘がドメインのある一つの仕組みを足掛かりにした当該事業者の営
業行為であること、『レジストリロック』を掛けていないことが必ずしもセキュリティリスクには直結し
ないこと、また弊社のリスク対策を説明させて頂き、ご安心頂いております。
ただ、中にはお問い合わせを控えられることで、弊社が説明の機会を逸しているケースもあるものと想定
し、この度HP上で弊社見解を述べさせて頂く次第です。

ドメインは、簡単に申し上げますと「レジストリ-レジストラ-(リセラ)-お客様」の構図で管理されて
います。『レジストリロック』は、上位運営組織であるレジストリが提供するセキュリティの仕組みで
あり、方法によっては、より強固なセキュリティシステムとして役立てて頂けることは確かであると存じ
ます。ただ、一度設定を行うと、解除には何段かの手順と証明が必要であり、迅速性の求められる情報変
更、例えば至急のサーバ変更等への対応は、当然ながら遅延することとなります。例えば、お客様の各現
地法人が情報変更を必要とする際に、時差に加えロック解除に時間を要すことで、目的の作業に大幅な遅
れが生じることなども予測されます。

また、ドメインのセキュリティリスクとして想定される事態は、1にドメインの乗っ取り、2に意図せぬDNS
サーバの変更であると存じますが、弊社では、それぞれについてセキュリティ面の十分な対策を行っており
ます(具体的な内容については是非、お問い合わせ下さい)。

弊社のほとんどのお客様はレジストリロックを利用されておらず、また弊社でもサービスとして提供するこ
とは可能である一方、敢えてお勧めすることをしておりません。理由は上述の通りであり、グローバルにサ
ービス展開を行う企業の多い弊社お客様におかれまして、利便性、迅速性に照らした際に、それを上回るメ
リットが感じられないこと、また、セキュリティ面については別の切り口で対策を整えているためです。

競合会社からの弊社お客様への指摘は、ある一つの設定・仕組みを殊更に取り沙汰することで、お客様の過
度の不安を煽る売り込み行為であると判断しております。

セキュリティ対策と一言で申しましても、お客様の業態、規模、予算、またドメインに対する方針や考え方
に依って様々です。弊社では、個々のお客様の状況や要望に合わせた対策と提案を常に心掛けております。
ご不安な点、ご不明な点は是非、お問い合わせ下さい。

今後とも、マークアイをどうぞよろしくお願いいたします。