ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2020.09.18【重要】競合他社からの売り込みについて(『休眠ドメイン』の転送利用)

​お客様各位

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

​近頃お客様より、弊社の競合に当たるドメイン事業会社から、『休眠ドメイン』を使用せずにいること
がマーケティング面における機会損失であり、これら『休眠ドメイン』の転送による活用推奨とそれに
併せた当該事業会社へのドメイン移管のアプローチを受けた、とご相談を頂くことがございます。ご連
絡頂いたお客様には、弊社サービスの考え方を説明させて頂いておりますが、弊社が説明の機会を逸し
ているケースもあるものと予測し、この度HP上で見解を述べさせて頂く次第です。

弊社では長年、使用を目的としたドメインの他に、使用はしないものの他者からの侵害が懸念されるド
メインの保護をお勧めして参りました。この提案は、多くの企業ドメインの管理と侵害対応の経験によ
るものであり、従って闇雲に保護をお勧めするのではなく、お客様の状況をヒアリングした上で、基準
決定のお手伝いをしております。保護の考え方やルール作成に関しては、同業他社の中でも一番の経験
を持つと自負しております。

このように他者による登録・悪用へのリスクヘッジとして取得頂いたドメインはあくまで「保護ドメイ
ン」であり、当該事業者の謳う『休眠ドメイン』とは似て非なるものであると考えております。

「保護ドメイン」と一言で申しましても、例えば、社名のみ最低限のドメインを保護されるお客様、社
名や主要ブランドの類似文字列やハイフンまで手厚くケアされるお客様など、「保護の基準」はお客様
の状況や方針に依り様々です。これら全てをまとめて『休眠ドメイン』とし、活用をお勧めする当該会
社の売り込み方法には疑問を呈さざるを得ません。また、転送設定を行えば、対象ドメインとその転送
先の把握、転送先URLが変更となった場合のリンク切れを起こさないための設定変更など、管理が煩雑に
なることが考えられます。弊社では、こういったデメリットをお客様に提示するとともに、上述の通り
「保護ドメイン」の意義を説明させて頂き、都度ご理解を頂いております。

ドメイン管理は、お客様の業態、規模、予算、また方針や考え方により、様々異なって参ります。
弊社では、お客様の状況やご要望に合わせた提案を常に心掛けております。

ご不安な点、ご不明な点は是非、お問い合わせ下さい。

今後とも、マークアイをどうぞよろしくお願いいたします。