ドメインネームニュース ドメインネームニュース

2020.09.30JPドメインへ乗っ取り対応機能導入

JPドメインの登録機関である日本レジストリサービス社は2020年12月17日に指定事業者ロックの機能を導入する事を発表しました。この機能はドメインが登録者の意図しない形で第三者の手に渡る事を防ぐ機能で弊社では全JPドメインへロック設定を行う予定です。

JPドメインの場合、ドメイン登録者とは関係の無い第三者が移管申請を出す事も可能です。通常はドメイン管理者が移管を不承認とするためドメインが第三者の手に渡る事はありませんが、登録者のメールアドレスが正しく登録されていなかったり、移管意思を確認するメールを見落としたりして意思確認が出来ない場合、一部指定事業者は移管を自動で承認する対応を取っていました。これにより過去には登録者の意図しない形でドメインが第三者の手に渡った事件もありました。弊社などいくつかの事業者は登録者の安全のためロック機能の早期導入をJPRS社へ要求してきました。今回これが実現した形となります。

関連記事:人気アニメサイトのドメイン乗っ取りについて

なお、ロック設定がなされたドメインは管理事業者の変更を行う事ができませんので今後事業者変更を行う場合はロック解除のため事前に弊社までお知らせください。

本件に件して何かご不明な点がございましたらこちらからお問合せください。